https://img21.shop-pro.jp/PA01429/041/etc/%B2%A1%A4%B7%CA%FD%A1%A1%A5%A4%A5%E1.jpg?cmsp_timestamp=20190922215112押し花にする

押し花にする
1、乾燥シートの上に小花用紙のつるつるした面を上にのせ、押し花にしたい植物
を指で軽くつぶし、形を整えながら花を裏側に置きます。植物の上に小花用紙の
つるつるした面を下にして重ねます。乾燥シートをのせて1段です。(12段くらい重ねられます。)

薄い花:〈乾燥シート→小花用紙→花→小花用紙〉
厚みのある花:〈乾燥シート→小花用紙→花→小花用紙→ウレタン〉
水分の多い花・枝:〈乾燥シート+乾燥ボード2枚→小花用紙→花→小花用紙→ウレタン

https://img21.shop-pro.jp/PA01429/041/etc/%CC%DC%B0%C2%A3%B6%A3%B0%A3%B0.jpg?cmsp_timestamp=20190922215923
Point
■ 新鮮な花、6〜8部咲きの花を押し花にすると、キレイな仕上がりになります。
■ 急激な乾燥する事により、乾燥した際に色が残りやすく1段の乾燥シートの上に
   多くの植物より少量がポントです。


2、1を繰り返して重ね、防湿袋に入れます。
3.押板ではさみ、ベルトをします。
4.押板の上にひざで乗り体重をかけてベルトで締めます。
5.防湿袋の口をひもで縛ります。3〜7日くらいで押花が出来上がります
https://img21.shop-pro.jp/PA01429/041/etc/%B2%A1%A4%B9%B0%B5%BD%CC%A1%A1600.jpg?cmsp_timestamp=20190922221118https://img21.shop-pro.jp/PA01429/041/etc/%B4%A5%C1%E7300.jpg?cmsp_timestamp=20190926171551

新乾燥シート
(新乾燥カバーに乾燥シート3枚を挟みます)
シートカバーは、通気性・クッション性が良く乾燥を早めシワを予防します。

薄い花: バーベナ・ネモフィラ・ビオラ・桜・四葉のクロバー など 〈3〜7日仕上り〉
押した方: 〈乾燥シート→小花用紙→花→小花用紙〉

少し厚みのある花: ノースポール・バラ・コスモス・千日草など
押した方: 〈乾燥シート→小花用紙→花→小花用紙→ウレタン〉 〈5〜10日仕上り〉



https://img21.shop-pro.jp/PA01429/041/etc/%A5%D5%A5%E9%A5%EF%A1%BC300.jpg?cmsp_timestamp=20190926171820
フラワーシート
(ピンクシートカバーに、新乾燥カバー、乾燥シート3枚を挟みます)

厚み、水分のある植物は途中で乾燥シートの交換をお勧めします。
交換時にピンクカバーの層を抜き乾いた乾燥シートと交換でき植物が動かないように簡単に交換できます。

厚みのある花: ノースポール・バラ・ダリア など
押した方: 〈乾燥シート→小花用紙→花→小花用紙→ウレタン〉 〈目安:5〜10日仕上り〉

水分の多い花: ムスカリ・クリスマスローズ・つばき・ダリア ユリ など
〈乾燥シート+乾燥ボード2枚→小花用紙→花→小花用紙→ウレタン〉 〈目安:8〜10日仕上り〉